BLOG

不動産のお悩みはご相談ください

  1. HOME
  2. ブログ
  3. スケルトンマンション
  4. ダサい区分マンションを自分好みに変えるならスケルトンマンション活用
97ffa34623bd065336ad992eece14a26

ダサい区分マンションを自分好みに変えるならスケルトンマンション活用

時代遅れの区分マンションを個性的な住空間に変貌させたいなら、スケルトンマンションは理想的な選択です。この記事では、「スケルトンマンション活用法」から「リノベーションプロセスの進め方」、さらに「DIYのテクニック」まで、自分だけの特別な空間作りのためのガイドをご紹介します。おしゃれな自分好みの住まいを実現する究極のステップバイステップを解説。「中古のダサいマンション」をお宝物件へと変えるためのポイントを押さえましょう。

1. スケルトンマンションとは

スケルトンマンションとは、内装が一切ない状態、つまり構造体だけの「骨組み」と設備を残したまま売られているマンションのことです。このような物件はリノベーションやリフォームを前提としており、購入者が好きなように内装を作り変えられる自由度の高さが魅力であります。元々の間取りや設備にとらわれずに、自分のライフスタイルや好みに合わせた住空間のデザインを実現できますからです。

1.1. スケルトンマンションの基本知識

スケルトンマンションの魅力は、そのカスタマイズの自由度にあります。基本的には床や壁、天井など内装の仕上げは何もされておらず、新しく入居する人が一から内装を作り上げることができるのです。これにより、一般的なマンションとは異なるオンリーワンの空間を作成することが可能になります。もちろん、水回りや電気などの基本的なライフラインは残されており、それらを生かしつつ、完全にパーソナライズされた住環境を構築できますからです。

1.2. メリットと活用のポイント

スケルトンマンションは、自分の理想とする生活空間を低コストで実現できるという大きなメリットがあります。また、既存の間取りに縛られることなく、創造性とオリジナリティを発揮して独自の住環境を築くことができるのもポイントです。活用する際は、まずはじめに強固なデザインコンセプトを設定すること、設備を最新のものにアップグレードすること、そして長期的な住みやすさを考えた間取りを考案することが重要となります。

1.3. なぜスケルトンマンションがリノベーションに最適なのか

スケルトンマンションがリノベーションに最適とされる一番の理由は、新たな住空間を自由に創造できる点にあります。柱や梁など主要な構造体を残した空間に、新しい生活スタイルを反映した設計を施すことが出来るため、無駄な壁を取り払い、より開放感のあるリビングを作ることも、家族の成長に合わせて柔軟に間取りを変更していくことも可能です。このようにスケルトンマンションは、持ち主のライフスタイルに合わせて設計を進めていくことができるため、理想の住まいを実現するための最適なステージと言えるのですからです。

df8dd8717bf7d02ea1e6beca6ce9a20c 1

2. 自分好みの住空間をデザインする

ごじぶんのせいかくやくらし方にあったいえづくりは、こころとからだのやすらぎをかたちにする大きなはじめのいっぽです。くらしの中でたいせつなじかんをすごすじぶんだけのくうかんをつくることで、じぶん自身をとうたつさせることができます。そんなお気に入りのすまいをじぶんでデザインすることは、あるいみでじぶん自身のコミュニケーションツールともいえるんです。

ひょうげんのしかたは、じゅうたくのなかにかぎりません。だれもがいきいきとできるくうかんであるためには、デザインコンセプトのたてかたや、さまざまなインテリアのせんたくなど、じぶんのライフスタイルにふさわしいデザインがじゅうようになるんです。

2.1. デザインコンセプトの立て方

みなさんはどんなじぶんだけのすまいをもってみたいでしょうか。まずはじゅうたくのデザインコンセプトをきめることからすたーとします。このこうせぶんまえにじぶんがこうじどうかんじているものを、ろんりてきにみつからめて、コンセプトをきめていきましょう。たとえば、「しーんとしたちょっそくなくうかん」や「にぎやかなファミリースペース」など、かいがいしくそうぞうしていくことがじゅうようです。そして、じぶんのせいかくやまわりのふうけい、じじょうをみこみながらじっさいのへやのうんようをこうがいしていきます。こまかいディテールまできめたすけっちをもとに、そうぞうをふくらませましょう。

2.2. オリジナル住空間への第一歩

オリジナルなすまいづくりのためのだいいっぽは、じぶんだけのアイデアをきたえることからはじまります。カタログやザッシでけんきゅうし、インターネットでじゅう様なインテリアのしゅうしゅうをおこなったり、しんせつでじぶんがすきなデザインのてんぽをたんけんしたり、じぶんがこれまでしゅうしゅうしてきたおきにいりのぶっしつをちょうきしょくぎょうすることもだいせつです。こうやってじょうほうしゅうしゅうとしっそうをかさねることで、オリジナリティあふれるくうかんへとしんぽしていくでしょう。

2.3. インテリアデザインの重要性

いえのなかでもひじょうにじゅうようなのが、インテリアデザインです。このインテリアが、すまいのこうはいったいかをきめるしゅうちゅうりょくとなり、かつ、そこでくらすひとたちのせいかくやくらしをうつすかがみのようなものです。たとえば、まどからみえるけしきにあわせたカラーやファブリックのせんたく、かぐのしゅんじゅんやいろどりのまとめかたなど、じゅうしゅのこまやかなきてんにもちゅういしてデザインしていくことが、らいふすたいるをじってきにうつすためのしゅどうです。よいインテリアデザインは、くるしみがなく、だれでもじゅうぶんにくつろげるばしょをそうぞうします。

3. リノベーションプロセスのステップバイステップ

リノベーションプロセスには、計画から完了まで数多くの重要なステップがあります。このプロセスは、特にスケルトンマンションにおいて、無駄なく効率的に進めることが重要です。まず、自らの理想とする住空間を明確にし、それに向けての詳細な計画を立てることが大切になります。また、許可申請や法規制などの法律的な知識を得ることも欠かせません。さらに、工事に入る前に工程表を作成し、順を追って進行することでスムーズにリノベーションを進めることができるでしょう。

3.1. リノベーションの計画段階

リノベーションの計画段階では、イマジネーションを膨らませつつも現実的な視点を忘れずに進めることが求められます。はじめに、自分がどのような住空間で暮らしたいのか、具体的なイメージを持つことが大切です。それを元に、プロフェッショナルと協力しながら間取り、デザイン、材料の選定などを決定していきます。予算の設定もこの段階で行い、計画の実現可能性を検討することが重要です。また、スケジュールを立てる際にはクッション時間を設け、予期せぬトラブルにも対応できる余裕を持つことも大切です。

3.2. 必要な許可と法律の知識

リノベーションを行う際には、建築基準法をはじめとする法律の知識が必要です。特に、共同住宅であるマンションの場合、マンションの規約や自治体の条例などにも注目する必要があります。そして、リノベーションの規模によっては建築士の関与が必要になるケースもありますし、許可申請が必要になることがあります。そうした手続きを怠ると工事後のトラブルに発展することがあるので、事前に必要な許可や確認をしっかりと行うことが非常に重要です。

3.3. リノベーション工事の流れ

リノベーション工事の流れは、計画を形にしていくための具体的なステップです。まずは既存の状態をチェックして、必要な解体作業を行います。この際に、配管や電気配線の状態も把握しておく必要があります。その後、新しい間取りに合わせた内装工事、設備の取り付け、仕上げの工程を進めていきます。工程ごとに検査を行いながら進行することで、予期せぬトラブルを未然に防ぐことができますし、最終的な完成度も高まります。また、工事が進むにつれて、細かな調整が必要になることもあるので、フレキシブルな対応が求められます。

ae8565f0a182107a2427c9edc89b4d44

4. DIYで住宅改造に挑戦

日本の住宅事情を考えると、スケルトンマンションを自分好みに再設計することは大変魅力的な選択肢と言えるでしょう。区分マンションを自分の手で改造していく過程は、創造性と技術が求められますが、その成果は自分だけの特別な空間を創出する喜びにつながります。DIYでの住宅改造には、基本的なツールの準備から壁の撤去、フローリング作業などの基礎知識、そして何より安全を確保するためのヒントが必須となります。

4.1. DIYに必要なツールと準備

住宅をDIYで改造する際にはまず、基本的な作業ツールの準備が必要です。例えば、ハンマー、ノコギリ、電動ドリル、メジャーや水平器などの計測器具、また保護具として作業手袋やゴーグル、ヘルメットも忘れてはなりません。さらには、壁紙や床材などの資材も予め選定し、注文しておくことが大切です。加えて、適切な手順を踏めるように作業計画を策定し、必要に応じて専門家への相談も行って準備を整えていきましょう。質の良いツールと準備により、作業はスムーズに進み、思い通りの改造が可能となります。

4.2. 壁の撤去やフローリング作業の基本

DIYで壁を撤去する際は、構造に支障を来さないよう、非構造壁であることを確認することが重要です。撤去する壁の材質に応じてツールを選び、手順を踏んで進めます。壁を取り外した後は、新しいフローリングに着手しますが、ここでは下地処理をしっかりと行い、床材をきれいに並べる技術が求められます。測量を正確に行い、カットする際も慎重に作業を進めていくことが大切であるのです。最終的には、全体が均一に仕上がるよう細部まで気を配る必要があります。

4.3. 安全にDIYするためのヒント

DIYは自由な発想で住宅改造を楽しむことができますが、作業中の安全は最優先に考慮すべきです。まずは適切な保護具の着用を徹底し、使用する道具に関する安全な取り扱い方法を把握しておきましょう。また、電動機器を使用する際は感電や火災に注意し、取り扱い説明書をよく読み、指定された方法でのみ使用します。さらに、長時間の作業は体に負担がかかるため、適度な休憩を取り、疲れを感じたら無理せずに作業を中断することも大切です。安全には十分な配慮を払い、リスクを最小限に抑えてDIYを楽しみましょう。

5. 価値向上のための重要ポイント

ダサい区分マンションを再生して自分好みの空間に変えるには、価値向上という点をしっかりと考えていくことが必要です。価値を向上させる重要ポイントは、デザイン性だけではなく、実用性や快適性にも注意を払うことが大切でしょう。特にスケルトンマンションを活用する場合、無制限の自由度の中でどのように価値を生み出していくかがキーになります。中古マンションの可能性を見極め、将来性を考慮したリフォームやレイアウトの変更を行うことで、住まう人にとっても魅力的な住空間が実現するのです。

5.1. 中古マンションのポテンシャルを見抜く

中古マンションを購入しリノベーションを考えるとき、そのポテンシャルを見抜くことが大事です。立地や日当たり、周辺環境はもちろん、建物自体に隠された魅力を発見する眼も必要とされます。例えば、耐震性や設備の状態、さらには改修のしやすさなど、中古マンションの本質を見極め、投資価値を判断することが大切です。このプロセスをしっかりと行うことで、自分好みのスケルトンマンションの活用が可能になるのです。将来的にも魅力を持続させる住まいづくりを行うためにも、まずはポテンシャルを見抜くことがスタートとなります。

5.2. 住まいの再生と市場価値

住まいの再生を行うことは、市場価値の向上にも繋がります。スケルトンマンションにおいては、古さを感じさせないモダンなデザインや機能的で利便性の高いレイアウトに改造することで、住空間の質を高め、同時に不動産としての価値を上げることが可能です。たとえば省エネ設備の導入や、最新の家電を取り入れることによって、より快適な生活を約束し、資産としてのマンションの魅力を高めることができるでしょう。再生された住まいが新たな魅力を持つことで、将来的に売却や賃貸を検討した際にも有利に働きます。

5.3. リフォームでの付加価値創出

リフォームを行う際には、ただ新しくするだけでなく、どのように付加価値を創出できるかがポイントです。スケルトンマンションを活用することで、オリジナリティ溢れる住空間を実現することができます。例えば、キッチンの機能美を追求したり、リビングにアートのような装飾を施したりすることで、単なる居住空間をカルチャーの発信地に変えることも可能です。また、最新のIoT技術を取り入れたスマートホーム化も、快適かつ効果的なリフォームでの付加価値と言えるでしょう。このようにして、リフォームによって空間に新たな価値を持たせることで、住む人の満足度を高め、不動産としての資産価値も向上させていきます。

6. 空間再配置で理想の間取りを実現

家の中の間取りは、住む人のライフスタイルや好みによって最適な構成が異なります。特にスケルトンマンションでは、壁や設備の位置を自在に変えられるため、理想の住空間を実現しやすいのが特長です。空間再配置を行う際は、使い勝手の良さと安全性に注意しながら、長期間に渡って快適に過ごせるようなデザインを心掛けることが大切です。流れるような動線と十分な収納スペースを確保することで、スッキリとした生活空間が生まれるでしょう。

6.1. 空間利用の効率化テクニック

スペースを最大限に活かすためには、空間利用の効率化が欠かせません。まずは、生活に必要な物の量を見直し、必要最低限の物に絞ることで、無駄なスペースを減らしていきます。次に、多機能家具を取り入れることで、収納と使用の兼ね合いを上手に構築できるでしょう。たとえば、収納スペースが内蔵されたソファやベッドは、部屋を広々と使うことに貢献します。また、壁面には棚を設置することで、床のスペースを有効活用することができます。これらのテクニックを駆使しながら、より機能的で住みよい空間を作り出していきましょう。

6.2. フレキシブルな間取り変更のアイデア

生活の変化に合わせてフレキシブルに間取りを変更できることも、スケルトンマンションの大きな魅力の一つです。たとえば、開放的なリビングスペースを好む場合は、パーティションを設けずに広い一つの空間として使い、プライバシーが必要な場合や部屋数を増やしたい場合は、可動式壁や間仕切りを活用することで、手軽にレイアウトを変更することができます。また、将来のことを考えて子供部屋を設けたり、ホームオフィスを確保したりするなど、その時々のニーズに合わせた間取りへの変更が容易になります。

6.3. 快適さと機能性を追求する配置

スペースを再配置する際には、単に見た目の良さだけではなく、快適さと機能性を両立させることが重要です。キッチンやバスルーム、トイレなど、毎日使用する空間は使い勝手を最優先し、十分な動線を確保することで生活のストレスを軽減します。また、リビングダイニングの配置には、家族が集まりやすく、会話が弾むような開放感のある設計を心掛けると良いでしょう。光が入りやすい場所に窓を取り付けるなど、自然な明るさを取り入れることで、室内の快適度もアップするはずです。

7. カスタマイズされた照明プランニング

スケルトンマンションを自分の好みにカスタマイズするには、照明プランのクリエイティブな構想が必須です。空間のムードや機能性を決定づける照明は、住まいの印象を大きく変える要素であり、ひとつひとつのライトがそれぞれの役割を果たし、空間に溶け込むように配置されることが求められます。照明には多種多様な選択肢があり、それらを使い分けることで、住まいに温もりや洗練された雰囲気を与え、生活をより豊かなものにすることができるのです。

7.1. 照明の役割と空間への影響

照明は、ただ部屋を明るくするだけではありません。空間の設定や目的、住まう人の心理に影響を与えるという大きな役割を持っています。たとえばリラックスしたい寝室では、やわらかい光のランプを選び、集中を要する作業や読書スペースでは、目に優しい直接照明を配置することで、空間の用途に沿った環境を作り出せます。また、壁面を照らすウォールライトや、アーティスティックなペンダントライトを使うことで、空間の質感や深みを出すこともできるのです。照明の配置や光の質、色温度などを考慮に入れてプランニングすることで、空間がもつ可能性を最大限に引き出し、暮らしやすさや心地良さに直結する環境を整えることができるのです。

7.2. 自宅を明るく演出する照明テクニック

照明は、自宅の各空間をより明るく、魅力的に演出するためのテクニックとしても大変有効です。たとえば、ダイニングテーブルの上にダウンライトを配置することで、食事の時間がよりドラマティックな空間となります。また、リビングの間接照明を活用して、ソフトな光を壁や床に広げることで、ゆったりとした雰囲気を作り出すことができます。自宅のコーナーやシェルフをライトアップすることで、ディスプレイされたアイテムをより引き立てることもポイントです。さらに、スイッチや調光器を用いて、明るさをシーンに応じて自在に変えることで、一日のうちでもさまざまな表情を住まいに与えることが可能になります。

7.3. 照明プランの立て方

自身の理想とする住空間を実現するために、照明プランを立てる際にはいくつかのポイントを抑えることが重要です。まずは、住まいのどの部分にどのタイプの照明が必要かを考えることが第一歩です。天井のメインライトの位置や、壁のアクセントライト、タスクライトなど異なる用途の照明をどこにどのように配するか計画しなければなりません。また、部屋のサイズや色彩、家具の配置も照明計画には大きく影響するため、これらの要素と調和を考えて照明を選ぶことが大切です。さらに、省エネルギーやコストの観点から、LED照明の採用を考えるとともに、将来的なライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるプランニングを心掛けることが望ましいでしょう。

8. 改装後のアフターケアとメンテナンス

スケルトンマンションで自分好みの空間に改装をしたら、その後のアフターケアとメンテナンスが重要になります。リノベーションで生まれ変わった空間を美しく維持し、快適な生活を送るために、日々のお手入れと定期的なチェックが必要になります。この章では、改装後の住まいを長持ちさせるためのメンテナンスのポイントや、万が一のトラブルに備えておくべき対処法など、役立つ情報をご紹介します。

8.1. 日常のメンテナンスポイント

改装を終えた後のマンションでは、普段からの丁寧なメンテナンスが大切です。清掃はもちろん、床や壁、家具などには使用する素材に適したクリーナーを選び、定期的に拭き掃除をすることが大切です。また、キッチンやバスルームなど水回りはカビや汚れがたまりやすく、衛生的な問題も生じるため、こまめに掃除して清潔を保つことが重要となります。換気扇のフィルターの交換やエアコンのクリーニングも忘れずに行いましょう。このように、日ごろのちょっとした注意と手入れが、長期間にわたり快適な住まいを維持するための鍵になります。

8.2. 改装した部分の長期的なケア

スケルトンマンションのリノベーションでは、個性的なデザインや素材が用いられることもあります。特にカスタムメイドされた部品や施設は、メーカー推奨のメンテナンス方法を確認し、適切なケアを心がける必要があります。例えば、天然素材のフローリングは、湿度や温度の変化に敏感なので、空気加湿器や除湿機を適切に使用して環境をコントロールすることが求められます。また、建物全体の点検も重要であり、特に改装した部分は工事による経年変化をチェックして、必要に応じてプロの業者に修復や調整を依頼することも検討すべきです。

8.3. トラブル発生時の対処法

万が一、改装した部屋でトラブルが発生した場合には、迅速な対応が必要です。例えば、水漏れや電気トラブルなどが起きたときは、まずは自分で安全を確保し、必要であれば専門の業者に連絡してください。また、改装工事で利用した業者にはアフターサービスがある場合も多いため、トラブルが起きたときは業者に相談するのが賢明です。保証書やメンテナンス手帳など、改装時に受け取った書類を大切に保管しておくことも、問題が起きた際に役立ちます。常に緊急時の連絡先を把握し、慌てず落ち着いて対処しましょう。

参考記事


スケルトンの価値を知るスケルトンオフィス東京

1.住宅ローンの返済が困難な時、知っておきたい対策と解決策

2.住宅ローン滞納からの脱出!督促状対策からマイホーム売却までの全手順

3.住宅ローンの返済困難!第3フェーズ債権の移行とその対処法

4.任意売却の全てを解説!メリットから引越し代の捻出まで

任意売却とは

競売の危機を回避!成功と失敗の任意売却事例から学ぶ

お問い合わせ

関連記事